自動車保険料を安くするためにダイレクト型に乗り換える

newcar-jp 自動車保険

自動車保険を重視するポイントは多くの方が料金に趣を置いている傾向があることがわかっています。

自動車保険は毎月支払いをするいわば固定費です。できるだけ手厚い補償で料金が安いことに越したことはありません。

3月、4月になると保険の更新を迎える方も多いと思います。そこでちょっとした見直しをするだけで年間保険料が数万円も安くなるかもしれません。

ダイレクト型保険に乗り換える

自動車保険の種類としてダイレクト型、代理店型があります。

保険料が安いのはダイレクト型になりますので更新の際にダイレクト型に乗り換えると保険料を抑えることができます。

ダイレクト型保険は通販型とも呼ばれています。代理店型との大きな違いはコストを抑えることができるため、その分、保険料を安くすることができます。

代理店型で保険契約をすると同様の補償内容であっても手数料、店舗経費、その上で代理店の利益も上乗せされてきます。

ダイレクト型、代理店型でも大筋の補償内容に遜色があることはまずありません。更新時期にさしかかり、自動車保険料を少しでも安く抑えたい方はダイレクト型への移行を検討してみましょう。

また保険会社によって保険料金も変わってきます。現在の保険会社のダイレクト型、他社保険のダイレクト型など比較して自動車保険を決めると大幅な料金の削減に繋がります。

割引きシステムも活用すると節約上手
自動車任意保険には割引きシステムを採用している会社も多数あります。主な割引内容としては紹介割引、エコカー割引、継続割引などパンフレットに目を通すと割引内容が記載されています。利用できる割引があれば活用することで保険料金を抑えることができます。