対物補償では自分の所有物が壊れても保証金はおりない

newcar-jp 自動車保険

自動車保険の条件というのは色々ありますが、対物補償については誤解をしているケースもよくあります。

例えば対物事故を起こした場合、相手の財物については補償されますが、自分の財物については一切補償されないです。これは必ず覚えておきたいこと。

対物補償の特約を見ても基本的には対物超過特約、他者運転特約が多いです。対物補償での特約において自分の財物を補償する保険というのはありません。

もし所有している財物の補償をしたい場合は車両保険、身の回り品補償特約などを保険内容に盛り込むようにしましょう。

対物補償の保障額設定

意外と低い補償内容で設定しがちな対物補償。

これが仇となり支払いきれない賠償を追う可能性もあります。

例えば観光バスに損害を追わせた場合では損害額1000万円程度になったケースもあるようです。電車に損害を与えた時は1億程度の損害額に…

安い設定金額で対物保険を設定しまうと万が一の事故の時には大変なことになるケースもあります。頻繁に車の運転をする人は対人と同じく「無制限」に設定しておくことが良いです。

そして上記にも記しましたが対物、対人のような「対」がつく保険はあくまで他人に与えた損害を補償する保険です。

対物事故を起こせば多くのケースで自分の車、体にもダメージを追う可能性が高いです。ですが対物補償では自分への補償は対象外。

車両保険やその回りにある特約も合わせて加入しておくと大変助かります。

車両保険も条件によってはそこまで高い金額になりません。保険の見直しと同時に車両保険に加入していない方は加入をお勧めします。