自賠責保険の基礎知識

newcar-jp 自動車保険

自賠責保険とは被害者が最低限の補償を受けられるようにと設置された強制保険です。公道を走る全ての車、バイクは加入する義務があります。

自賠責保険は自動車内での保管も義務づけられています。

もし自賠責保険証を積んでいないと、1万円以下の罰金、有効期間が切れている場合は6ヶ月以下の懲役または5万円の罰金。

車は車検がありますが、車検のないバイク、原付き自動車の場合は保険切れに気づかないケースも多いです。これには注意が必要。

自賠責保険の賠償金額というのは決められており、それ以上の損害を補う場合は必ず任意保険への加入が必須です。

以下が自賠責保険で定められている補償限度額です。

傷害 120万円
死亡 3000万円
後遺障害 4000万円

補償内容は1事故1名につき支払いが行われます。

保険期間中であれば何回事故を起こしても保険金額の減額といった措置はありません。

加害車両が2台以上の場合はそれぞれの自賠責保険に請求ができるようになっていますので、限度額は加害車両の台数をかけた金額となります。

自賠責の限度額ではカバーができない

自賠責保険があるから任意保険に入らなくても良いといった理由にはなりません。

事故の度合い、相手の状態などによって限度額以上の高額な損害事例は多くあります。

現実に起こった事故の事例などを見ていくと自賠責だけでカバーできるような事故は少なく不足分を補うためにも任意保険の加入は大切です。

自賠責保険は車両修理代の補償はない

これもよく勘違いしている人が多いですが、自賠責保険は対人保険と呼ばれるもので事故によって損害を受けた被害者のための保険です。

例えばガードレールにぶつかり自分の車が破損しても自賠責保険で修理をすることはできません。そしてガードレールといった「物」への補償も一切ありません。

自分自身、車、物に対する損害を補償する場合は任意保険で補うのが基本原則です。