kinyuutyou

2015年は自賠責保険料の料率が据え置き

newcar-jp 車業界ニュース

kinyuutyou

金融庁は2015年の自賠責保険料の料率を据え置きにすることを公表しました。

自賠責保険は2013年4月から15%程度の値上げをされ車の維持費を圧迫する形となりましたが、2015年も据え置きなので自動車に維持にかかる負担は軽くなりません。

据え置きを決定した背景には下記のような考えがあるようです。

同審議会では、2013年4月に基準料率を改定した時と損害率が乖離していないため、基準料率の改定は必要ないとし、据え置きを決めた。自賠責保険料金の据え置きは2年連続となる。http://response.jp/

自賠責保険は新車登録時、車検時の時に支払いをする法定費用の1つ。

エコカー減税適用車は重量税であったり、1年に1回の自動車税が免税、減税されますが、自賠責は減税の適用はありません。

車を維持するためのコストが増えれば増えるほど車の「持つ」といったことをためらう人も増えてくるのではないでしょうか。ぜひとも2013年4月以前の自賠責保険料に戻してもらいたいものです。