自動車任意保険のタイプは4種類

newcar-jp 自動車保険

自動車任意保険はジャンルを分けると主に4種類があるとされています。

保険の自由化前ではどの保険会社も名称をSAP、PAP、BAP、ドライバー保険として区分けをしていました。現在では名称も変わってきていますが、基本概念は上記の4つを取り入れているものが多いとされています。

SAPは自家用自動車総合保険。PAPは自動車総合保険。BAPは一般自動車保険となります。

現在でも自動車保険は各会社の保険セットがあり予算やニーズに合わせて保険に条件、特約をつけることが可能。昔と違い車の使用用途に合わせた保険選びができるようになりました。

保険の名称による違いは主にカバーする補償内容が変わってくること。

SAPと呼ばれる自家用自動車総合保険は対人、対物、搭乗者、自損事故、無保険損害、車両までの全てをカバーするような内容の保険となっています。

保険の概要としては基本契約があり、付帯契約、個別契約といった任意で追加ができるようになっています。SAPを選ぶ場合は全て基本契約に入っているので任意で入るような保険も少なくなります。

ですが、自家用自動車総合保険は全ては基本契約に含まれているので外すことができません。より柔軟な保険契約をしたい場合はBAPのような一般自動車保険を基本契約としては条件を絞って追加契約をしていく方が保険料を安くすることができます。

幅広い補償適用を望むならSAP

保険会社の契約内容にもよりますが、SAPを選んでおけば手厚い補償やサービスを受けることができます。

示談交渉サービスであったりロードサービスなども付帯しているケースが多いです。

当然、保険料金も高くなってきますのでSAPを選ぶ場合は補償内容やサービス、料金を比較して保険会社を選ぶことが大切になってきます。