新車が半額で乗れる!?残価設定プランとは…

newcar-jp 新車購入情報

新車に乗りたいけど、月々ローンがキツくて支払いが難しい…

そんな方に良い新車の買い方が残価設定プランです。各自動車メーカー、残価設定サービスを行っている会社によって呼称は変わっていますが、システムは同じようなものです。

この残価設定プランを簡単に説明すると一般的な自動車ローンは総支払額に対して設定した支払い回数に応じて月割りをします。いわゆる均等払いです。

しかし残価設定プランは設定しておいた期間の金額はあえて据え置きする形で残りの金額分だけを分割して支払う形になります。

そして据え置きした分については時期がきた時に一括払い、下取り、買取、車の返却といった方法で据え置きした価格を償却することになります。この選択はユーザーの自由となっています。

すごく雑な説明になりますが、例えば100万円の新車を残価設定で購入する場合は最終回に支払う残価を設定します。

この場合はわかりやすいように50万円を残価設定したとします。車の支払いローン回数は3年(36回払い)

こうすると本来、100万円の車両価格に対してローンを36回の月割りで支払うのが一般的ですが、残価設定プランを使えば50万円に対して36回払いをします。

ローンが終わる最後は残りの残価を償却することになるのですが、上記であげたような選択肢があります。ですから最終支払回の生活に合わせて車を手放したり、買い上げることができるといったシステムです。

リースと勘違いする人も多いですが、リースは賃貸。残価設定の基本は「購入」となります。

残価設定金額や対象車両などはサービスを行っている会社、店舗によって違いがあるので最終的には確認が必要です。

この残価設定を使った車の購入方法であれば、月々の支払いは安い金額で新車を乗り回すことができます。買い上げる場合、最終的には全額支払いをすることになるのですが、3年後、5年後は生活が一変している可能性もあるので上手に使えば非常に有益な新車の購入方法です。

残価設定で新車購入はどんな人におすすめ?

残価設定ローンで車を購入するのが向いている人はしょっちゅう新車を購入しては初回車検時に売却して次の車に乗り換えをする人です。同じ自動車メーカーの車を新しく買う予定であれば下取りもしてくれますし、多少の優遇措置はあると思います。

他には新車を買う余裕があるけど、数年後先はどうなるかわからないといった方にも良いのではないでしょうか。

車の月々支払い金額は安く済ませることができますし、生活の余裕がない場合は残価分の支払いをせずに返却することも可能。

個人事業主であれば「安定」といった状態は少ないと思います。

車を一括で買う余裕はあるけど、わざと残しておいて、数年後のトラブル時に備えるといった使い方もできます。

後は新卒で新車を購入する場合も良いです。

就職しても最初は安月給の可能性もあり、支払いがキツイ場合もあります。残価設定ローンで購入しておけば数年後には出世して給料も大幅にUPしている可能性があります。

また残価を支払うために頑張って仕事をする意欲に繋がる可能性だってあります。

賛否両論のある残価設定ローンですが、上手に使うことで無理なく新車に乗ることができる自動車ローンです。各サービスのシュミレーションを実施して検討してみましょう。