車載用プラズマクラスターの最新機種

newcar-jp 自動車パーツ

自動車の装備としてはプラズマクラスターを搭載する車種なども出てきていますが、まだまだごく一部の車両に限られています。現在はシャープのプラズマクラスターも色々な車載用が準備されてきていますので最新機種の3つを紹介していきたと思います。

シャープ IG-GC15

車載用プラズマクラスター IG-GC15

350mlのペットボトルサイズの車載用プラズマクラスターになっています。なんとイオン濃度は2万5000個を実現。

電源は車内のシガーソケットから取り、カップホルダーにピッタリとハマるサイズになっています。手軽に車内にイオンを発生でき、ターボ運転も可能。

車内のタバコの匂い。汗、ペット臭などのニオイ除去に効果を発揮してくれます。また新型のIG-GC15は花粉キャッチフィルターを搭載しており車内の花粉症対策もバッチリです。

シャープ IG-GC1

IG-GC1

こちらはエアコンの吹き出し口に取り付けができるタイプのコンパクトな車載プラズマクラスター。

軽自動車などの車内が狭い車用に開発された商品となっています。特徴としてはエアコンの風に乗せて車内全体にイオンを散布してくれます。またエアコンを使用していなくもイオン散布は可能。

シガーソケットやUSBで電源が取れるようになっており、車内はもちろん会社に持ち運んでパソコンからも使うことができます。イオン放出で肌の乾燥なども守ることができるので女性に人気になっています。

カラーリングも女性らしいピンクをはじめ、ブラック、ゴールドといったラインナップが販売されており用途の高いプラズマクラスターです。

シャープ IG-GCF15

IG-GCF15

こちらは大型乗用車などに最適なパワフルな車載プラズマクラスター。

標準運転では約2万5000個のイオンを発生させ、ターボ運転時には約2倍のイオン濃度を発生してくれます。

またフィルターも3層になっておりニオイ、ホコリ、花粉、PM2.5などをキャッチしてくれます。運転モードも4種類の切り替えが可能。イオン発生の吹き出し口については角度調整が可能。

シャープのプラズマクラスター車載用としては最もパワフルで快適な車内空間を作ってくれます。


花粉、タバコ臭、ペット臭などは自分はよくても相手が大変なことがあります。プラズマクラスターを車内に装備していれば快適な空間を作りだすことができて相手にも嫌な顔をされずに済みます。

様々なタイプが準備されているので使用用途を考えて選ぶ楽しさもあるシャープのプラズマクラスター車載用。

車内は目に見えませんが空気が汚れているので空気を守るイオンを発生させてより最高のドライブを楽しんでください。