自賠責保険と自動車保険の違い

newcar-jp 自動車保険

車の保険には強制加入保険と任意で入る保険があります。

前者は新車購入時、車検の時に法定費用として支払いをしている自賠責保険です。後者は自分で保険会社、もしくは代理店を通して自己加入する任意保険になります。

自賠責と任意保険とでは保険で受けられる補償内容が全然違ってきます。日本の任意保険加入率は約70%弱とされています。確かに任意保険に入ると車にかかるコスト面は上がってしまいますが、万が一の事故の時に加入していないと後悔をする可能性が高いです。

また保険会社によって料金、サービス、事故後の対応にも差があるので自分に合った保険に加入することが求められます。

そして自賠責と任意保険の大きな違いについては下記でまとめてみましたので参考にしてみてください。

 自賠責保険任意保険
ケガ
死亡
ケガ:最大120万円
死亡:最大3000万円
後遺障害:最大4000万円
補償あり
契約会社によって違いあり
対物なし補償あり
自身へのケガ、死亡なし補償あり
車の補償なし補償あり
示談交渉なし補償あり
ロードサービスなしあり

自賠責保険の考えは被害者に対しての支払いのみをすることができて、自身への補償はまったくありません。

ある程度の事故をすれば被害者も加害者も相応のケガなどを負うケースは多いです。この時に任意保険に加入していないと自身の治療は自腹となります。

また被害者に対しての賠償額も自賠責で支払いできる最高額以上であれば当然、自分でなんとかして支払いをしないといけません。

自分は安易に事故を起こさないから自動車保険には入らない。といった考えは危険。

事故はいつ起こるかわかりません。加入しておいた方が運転時の安心感も違ってきます。

任意保険はダイレクト型&代理店型どっちが安い?

自動車任意保険に加入できる保険会社は多くあります。

しかし、保険会社は代理店も複数あり、契約する種類によって保険料金の違いもあります。

一般的に言われているのは代理店型よりダイレクト型の方が保険料金が安いとされています。

代理店が中間に入ることで手数料が上乗せされてくるので保険会社と直接契約ができるダイレクト型の方が料金が安いです。

ダイレクト型はネット、電話、郵便などによって契約を済ますので人と会うことがありません。窓口で自分に合った保険を選んで契約をするだけ。機械的な面があります。

逆に代理店側は人と会って相談をしながら保険商品を決めることができます。人の顔が見えるといった面で安心があります。